トピックス

第22回江東区産業展

10月18日(土)〜19日(日) 於 都立木場公園
10月18日(土)〜19日(日)の2日間、第22回江東区産業展が、都立木場公園・多目的広場において開催され、東京都製本工業組合江東支部が参加いたしました。  毎年行われるこの産業展は、江東区民まつりの一環として行われており、お祭りを盛り上げるという観点から、区を代表する産業のほとんどのブースが製品のバザーを中心に参加しています。
 テント内に設置された製本ブースでは、和本の販売と和本教室、そして何日も前から支部員のボランティアによって作成・準備されたメモ帳やスケッチブック等が、販売コーナーにおいて支部役員をはじめとする支部員、支部の若手である江東江和会のメンバーと、ミャンマー、韓国、中国の留学生達により販売され、価格の 安さときっぷの良さから例年大人気で、多くの来場者が足を止めておりました。
メモ帳やノートは何冊かをまとめセットとして、100円、200円の値段で販売され、購入したものに加え、下町・江東の心意気でもある抱え切れないほどのサービスに、購入者は喜びと驚きの表情を見せていた。今年は特にスケッチブックに人気が集まり、両日ともに午前中で用意した部数が売り切れとなりました。