ビジョン実践手順の進め方

ビジョンを実現し、逞しく生きていくために、5つの手順に沿ってわが社の変革ストーリーを作ります。



ビジョン実践手順の進め方


【1.自社の現状を知る(強みや売り)】
わが社の真の姿を整理します。
8つの視点からわが社の強みと 弱みを洗い出します。 特に強みに着目しましょう。

【2.外部環境の今後を知る(変化の機会と脅威)】
わが社の外部環境の現在、そして これからの変化を見ます。
変化は、4つの視点で「機会」と 「脅威」に分けてチェックします。

【3.5年後のわが社の姿を まとめる】
1.自社の現状を知る、 2.外部環境の 今後を知る、を整理し"6つの質問"を 参考にしつつ、「5年後のわが社の姿」 をまとめます。

【4.自社の方向を決定する(5つの変革ストーリー)】
3.5年後のわが社の姿を元に、「5つの 変革ストーリー」から1つ選ぶつもりで 社内で討議してください。
最後は社長が決定します。 結果として、「5つの変革ストーリー」を 複数組み合わせることもありますし、 もちろんこれ以外の変革ストーリーも ありえます。

【5.具体化する】
社内で討議し、社長が決めた「わが社の 変革ストーリー」の実現計画を作ります。
実現するために、「何を」、「どうやって」、 「いつまでに」、「誰が」、「何を使って」 実行するかをまとめます(計画書づくり)。 できあがったら、即実行を開始します。