SAPPSについて

個人情報保護法は「個人情報を取り扱う事業者の厳守すべき義務等を明らかにするとともに個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護すること」を目的に2003年5月に成立、2005年4月1日より個人情報取扱事業者に対して、個人情報の取扱に関する義務を定めた規定が施行されました。
情報産業の一翼を担う製本業界においても法令順守が基準となっており、全日本製本工業組合連合会に所属する事業者も法律の下に取り扱う各種の個人情報の保護に努めており、各社において全社員に対する個人情報の取り扱いに関する基礎知識の習得や管理体制の整備を進めておりました。 しかしながら各社の社員教育・管理体制が独自の基準となっており、製本業界として個人情報保護の体制に一定の基準を整備し、安心・安全な製品・サービスをお客様に提供することを目標に「製本産業個人情報保護体制認定制度(SAPPS:Seihon Action Privacy Protection System)」を設立しました。 本認定制度(以下SAPPS)は対外的に高い評価が得られており各種業界で実績のある「個人情報保護体制認定制度」に加盟し、製本業界の特殊性・独自性を加味したものであります。 その内容は高い基準での管理体制等の整備の証明であり法律施行の目的及びガイドラインの内容の理解が十分に成されていることの認定となっております。 SAPPSを認定取得した事業者は個人情報保護体制審査認定委員会が定めた高い基準をクリアした個人情報保護体制が整っておりますので、どうぞご安心のうえ、SAPPS取得事業者のご利用をお待ちしております。

 

SAPPS認定プレート

このプレートは本認定制度を取得し、維持している組合員のみ掲示・使用できるものです。 本プレートの掲示により、個人情報を取り扱う事業所が法令を遵守し、業務上における、あらゆる個人情報を保護する体制が整っている証となります。

 

SAPPS認定の取得/更新について

  1. 認定の取得
    認定の取得には製本組合が実施する製本産業個人情報保護体制認定制度認定取得講座への出席の後、所定の申請書類を提出、書類審査・ヒアリング調査を経て、審査委員会が開催され、認定を決定することとなります。
  2. [認定の流れ]


     

  3. 認定の更新
    認定の更新には製本組合が行う毎年の維持・更新講習会を受講し、2年毎に更新書類の提出が必要となります。
  4. [更新の流れ]

     
 

認定講座のご案内

令和2年度SAPPS新規取得講座ご案内 SAPPS (製本産業個人情報保護体制認定制度)取得講座を下記のとおり開催致します。 未取得の組合員の皆様には、是非取得していただき事業に活用していただきたくご案内申し上げます。

開催概要

開催日時
現在調整中
会  場
製本会館(板橋区大和町28-11 Tel 03-5248-2451)
受 講 料
会員50,000円
定  員
20名
申  込
FAX 03-5248-2455
申 請 料
30,000円(講習会終了後、申請時)
審査条件
本講座を受講し、期限内の書類提出が条件となります。 (提出後、書類審査・ヒアリング調査を経て、認定となります)
※お問合せ Tel 03-5248-2451 Fax 03-5248-2455

 

令和2年度SAPPS更新のご案内

今年度の更新申請の対象の方は下記の要項により、更新書類のご提出をお願い申し上げます。 なお、締切は3月末日となっておりますが、早めのご提出をお願い申し上げます。

提出書類

①申請書様式1号~4号
②「教育実施報告書」⇒直近開催分 様式3の従業員数分のリスト記入が必要となります。
(実施前後の入社・退職による差異は考慮します)
各書式につきましては下記よりダウンロードできます。
更新申請送付先
東京都製本工業組合 事務局
 
〒173-0012 東京都板橋区大和町28-11 Tel:03-5248-2451 Fax:03-5248-2455
更新手数料
30,000円
更新申請締切
令和2年3月末日(更新講習会修了有効期限)

更新申請書のダウンロードはこちらから